お知らせ
 注目商品
 商品一覧
■JDL

経理ソフト「出納帳3」
         
単品販売

■メールで経理顧問
メール経理顧問サービス
メールで経理のプロフェッショナルサポートを提供

■サポートサービス

経理・会計ソフト
 導入サポートサービス



 関連書籍
 お問い合わせ

 

 特定商取引法に
        基づく表示
 
 
 
 
  関連図書のご案内  

◇お仕事に役立つ書籍をご案内します。
amazon.co.jpからショッピング@ダックスが厳選したお奨め品です。詳しい情報をご覧になる場合は、商品の写真もしくは書籍名をクリックして下さい。インターネットの本屋さん「Amazon.com」で簡単に購入できます。
ぜひ、どうぞ



 
 ダックスホームページ内で紹介した書籍  
       
お勧めです 新会社法5つの罠と活用法
会社法の施行は会社にとってどういうことを意味するのだろうか。
中小企業・零細企業にとって会社法の
「定款自治」
「特例有限会社」
「機関設計」
「種類株式」
「1円会社」
は何を意味するのか。
会社法を理解して使いこなすポイントを司法書士が解説する異色の会社法活用法です。

お勧めです 会社がみるみる変わる 戦略マップ
忙しい社長にとって、本当に社長がやるべきことはなんであろうか。社長としての仕事と社員としての仕事があり、中小零細企業にとっては、そのバランスをとること、現在と将来のバランスをとり、持てる力を集中させて会社経営にあたることが大事。
そんな社長の強い見方となるのが戦略マップだ。
戦略マップは、会社を経営する社長なら誰しも考えるおぼろげな戦略を具体化する地図のようなモノ。これによりやるべきことが見えてくる。
そんな便利なマネジメントツールである。
お勧めです
「感動」で売れ!「体験で売れ」

モノが売れない時代といわれるが、さて本当にそうだろうか。実際、まわりを見渡すと確実に売れているモノが存在する。
その差はどこにあるのであろうか。エクスペリエンス・マーケティングを唱える藤村氏によるとお客様がその商品を買う理由をきちっと伝えていないという売り方にも問題がある場合が多いという。お客様に商品の価値を伝えるために「体験を売る」ということがポイントのようである。
あなたの会社、あなたの商品、その価値は正しく伝わっているだろうか。
cover へえ儲かる会社はこんなことをやっているんだ!

儲かる、儲からないの差はどこにあるのだろうか。
ちょっとした情報の捉え方、感じ方でずいぶん差がついてしまうことは確かである。
この本では、儲かるための情報の捉え方、発想法を紹介しています。
・「『頭のいい人』はこの情報を聞いてひとりほくそえむ!」

・「すべての人に売ろうとするな!」

・「魔法のカラクリ『当店のパンは二日でカビが生えます』」
cover プロになるための経済学的思考法

本物のプロになるためには心構えやスキルだけでなく日本経済や日本社会に対する大局観を身につける必要がある。
目先の利益に汲々とするだけでなく、日本という国を経済学的にどう捉えるかは、ビジネスの方向性を定める上で重要です。
第1部 マクロ経済的視点
  恐るべき2010年問題
第2部 ミクロ経済的視点
  日本企業の本質とは
第3部 文明論的視点
cover 成功者の告白−5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語企業を経営していると本当に様々なことがおこります。
起業して企業として成功していくための起業ノウハウ、意外なところに潜むリスクなどは、大部分は体験しないと分らないものです。しかし、カリスマコンサルタントの神田先生によると、企業で起こる諸問題は、単純化して考えると驚くほどシンプルなパターンに分類できるといいます。
成長曲線を中心としたビジネスモデルの発展過程、顧客獲得のためのマーケティング、セールス、ビジネスが成熟するにつれて重要性を増すマネジメント。そして、組織のなかで人の成長を促進するコーチングなど多くのことをこの本では学べます。
起業を志している方、実際に起業をして毎日を格闘している方に読んでいただきた1冊です。
cover 小さな会社・儲けのルール
弱小零細企業が生き残っていくには、あるルールが存在します。ランチェスター戦略もその一つです。
一騎打ち戦のランチェスター第1法則、力の差が2乗に開いてしまう第2法則は、それぞれ弱者の戦略、強者の戦略へとつながります。そして、我われ中小企業の取りうる戦略は弱者の戦略しかありません。
弱者の戦略を企業経営でどう実践していくかが、著者の経験をとおして語られています。
「成功する為には長時間労働が不可欠」
という弱者の時間戦略には説得力があります。モチベーションアップにお勧めです。
cover 中谷巌の「プロになるならこれをやれ!
日本がアマチュア化している。それは身近な生活においても感じます。プロとしての自覚のないバス運転士の飲酒事故や製造現場で多発する事故などが物語っています。
今こそ、全ての職業人はプロフェッショナルを目指し豊な将来を目指すべきです。この本はプロとしてどう生きるかが哲学的に書かれています。
人事屋が書いた経理の本−MGから生まれた戦略会計マニュアル
小規模であっても会社を経営している以上、利益をあげることは経営者の使命です。しかし、その利益がなかなかの曲者です。
マネジメント(MG)研修ではこの利益とは何か、どうすれば利益が得られるかを体験的に理解できます。
この本は、MGの戦略会計をわかりやすく解説した古典的名著で、第1刷発行が1978年であり、今なお読まれ続けています。
      



















 
お仕事に役立つ書籍をご案内します。
amazon.co.jpからショッピング@ダックスが厳選したお奨め品です。詳しい情報をご覧になる場合は、商品の写真もしくは書籍名をクリックして下さい。インターネットの本屋さん「Amazon.com」で簡単に購入できます。
ぜひ、どうぞ

Copyright (C) 2002 OFFICE DACHS All Rights Reserved

オフィスダックスホームダックス エキスパートSOHOナウ会社案内ショッピング@ダックスコラム@ダックスサイトマップ

このサイトはリンクフリーです。リンクについて